検索用のUI

【画像図】

image

【変化後を示す画像図1】

image

【変化後を示す画像図2】

image

【変化後を示す画像図3】

image

【変化後を示す画像図4】

image

【変化後を示す画像図5】

image

【変化後を示す画像図6】

image

【変化後を示す画像図7】

image

【変化後を示す画像図8】

image

コメント

  • 実線で表された部分が、部分意匠として登録を受けようとする部分である
  • 意匠登録を受けようとする部分以外の部分に表された点描は、点描で表された部分がそれ以外の部分に比べて視認性が低くなっていることを表現するためのものである
  • 意匠の特徴
    • 画像図から変化後を示す画像図5に順に変化して、対象の検出が行われていることを示す
    • 対象の検出が終了するまで、変化後を示す画像図5から画像図に戻って、画像図から変化後を示す画像図5へ繰り返し順に変化する
    • 対象の検出が終了すると、変化後を示す画像図5から変化後を示す画像図6に変化して検索が開始される
    • 変化後を示す画像図6から変化後を示す画像図8に変化して、検索が行われていることを示す
  • 論点
    • “点描”部分の権利解釈は?
    • 「対象の検出が終了するまで、変化後を示す画像図5から画像図に戻って、画像図から変化後を示す画像図5へ繰り返し順に変化する」ことなく、検出が修了するまで画像図5で停止する場合、両意匠は類似するか?